婦人

チャットツールは比較で信頼できるものを見つける|連携強化のヒント

権利を守る

会社

特許申請は、自分のアイディアを元に形成された製品や物などの価値をつけて、他の企業に対して自分の権利を主張できるというものです。特許申請を出すことで、権利を守ることができます。

詳細を読む

特許を申請する

電卓とお金を持つ人

初めに申請した人に権利がある特許は、法律でも様々なことが定められています。最近では主婦層を中心に自分が開発したグッズの特許申請が注目されており、主婦の中ではお小遣い稼ぎの1つとして認識されています。

詳細を読む

ストレスを確認

複数のPC

ストレスチェックの義務化法案について

2015年12月に施行されるストレスチェック義務化法が今話題になっています。ストレスチェック義務化法とは50人以上の従業員がいる企業が従業員に対して定期的にストレスチェックを行わなければいけないという法です。本人から希望があればさらに医師や保健師のカウンセリング、診療を受けることもできるため、労働者にとってはメリットの多い法案です。さらに、企業側にもある程度のメリットがあります。というのも、人によってはストレスが原因で様々な病気、症状を引き起こしてしまうという人もいます。そうなれば仕事にも影響がでてしまいますし、最悪の場合、企業側としても損をする可能性だってあるのです。そういった事態を未然に防ぐことだけでなく、企業全体の仕事効率もこれによって上がることも考えられるのです。また、チャットツールでの連携により、ストレス要因を減らすきっかけも得られるでしょう。チャットツールは多くの企業で活用されるようになっているので、比較をして選んでおくことが大切です。

より重要になってくるストレス管理

ストレス管理は仕事をしていくにあたって非常に重要になってきます。あまりにプレッシャーが大きい職場ではその分体にも負担がいきやすいですし、先にも述べたように人によっては仕事にも悪影響が出る可能性もあります。 必要であれば個人的にもストレスチェックなどを利用して積極的にストレス管理することも大切になってくるのです。ストレスチェック義務化法では企業側にはその内容が義務付けられていますが、労働者側にはそれがありません。ですから、何かしらの理由を付けてストレスチェックを受けないというケースも起こりうる可能性があるのです。ですが、それでは折角の機会を棒に振るものです。企業側が設けた場でチェックを受けた方がより確実ですし、その後の要求もしやすくなるのです。もしも職場でストレスチェックが行われるという場合にはできるだけ優先的に参加することをおすすめします。多くのチェック会社があるため、比較をして決めておくことも企業側にとって重要な点といえます。

代行の秘書

計算

企業運営をしていく中で、様々な諸業務を請け負ってくれる秘書は非常に重要な役割で、最近では秘書代行というサービスも行われています。このサービスを利用することによって起業や個人事業をスムーズに行うことができます。

詳細を読む