権利を守る|チャットツールは比較で信頼できるものを見つける|連携強化のヒント
男の人

チャットツールは比較で信頼できるものを見つける|連携強化のヒント

権利を守る

会社

独自のアイデアを思いついたら特許申請

特許申請は自分独自のアイデアを元に作成された製品や物やシステムなどに価値をつけ他の後発企業に対して自分の権利を主張できるものになります。世に出す前に自分のアイデアに対して特許申請をしておくことで権利を守ることができます。これをしておかないと後々そのアイデアが自分独自のものと主張したとしても、資本の大きな企業が現れたらあっという間に傾いてしまいます。自分で特許申請をすることもできますが、弁護士に頼むケースもあります。特許申請を専門に取り扱っている弁護士もいますので、自分に不利益にならないように色々とアドバイスしてくれます。特許出願に関する無料相談も受け付けてくれているので分からない場合や、特許に出していいものかどうかも合わせて相談できます。

出願時の注意点が面倒です

特許申請を行う前にまず自分のアイデアが既に出ていないかどうかを調査しましょう。調査の仕方は特許庁のホームページなどを見れば書いてあります。自分のアイデアが先行技術として特許をとられていなかった場合、特許申請を検討します。自分で行うか、専門家の手を借りるなど費用を考えながら決めましょう。自分で特許申請を行う場合は技術内容を文章と図で説明しなければいけません。自分がこの技術を自分の特許にしたいということを明確に書くことで分かりやすく審査してもらえるよう工夫しなければいけません。そして特許申請をしただけでは特許性の審査はされません。出願審査請求が必要になってきます。この印紙代が10万単位でいります。印紙代に見合う技術がどうかを考えて申請しないと損をしてしまうことになります。